トップページ >> ビジネス英語プログラムの内容

ビジネス英語プログラムの内容

「ビジネス英語は基本的には英会話のレッスン」という先入観を持っていませんか?Ms. Coffey によるオリジナル教材を使用したGBIのBusiness English Programは、英語とビジネスの双方に同等の重きをおいた点でこれまでのビジネス英語プログラムとは一線を画するものです。英語のビジネス用語やフレーズを学ぶだけではなく、受講生は日本と諸外国との文化的差異の正しい認識を一貫したテーマとする本プログラムを通じて、あらゆる国際ビジネスの場にふさわしいビジネスマナー、人間関係の構築の仕方、プレゼンテーションやレポートライティングを始めとする将来即戦力となり得る数々のビジネススキルを学びます。

1つ目の柱であるコアプログラムの、各種スキルの習得を目的としたエクササイズやディスカッション等のアクティビティーはinteractive (対話型)環境で行われ、そこには常に4要素−Reading, Writing, Listening, Speaking の学習も緻密に織り込まれているため、言語学習の観点からも非常に効率的かつ効果的と言えます。内容の充実振りは恐らく他に類を見ないでしょう。皆様が国際舞台におけるビジネスプロフェッショナルとしてのキャリアを実現するためのお手伝いを、私達のプログラムは必ずできると信じています。


GBIのビジネス英語プログラムの2つめの柱は、英文法です。なぜなら、しっかりした文法の基礎があって初めて、コアプログラムで学んだ事がらを自分のものにし、リアルワールドに適用できると考えるからです。本プログラムでは「aとtheの使い方」や「仮定法」など、日本人が特に苦手とすると思われる15のトピックを選び解説します。

GBIのビジネス英語プログラムの3つ目の柱は、第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマのスピーチを生きた教材とした発音
やイントネーションの矯正です。受講生は、まず、ネイティヴ・スピーカーとの1対1のセッションで、f/v、l/r、thといった、英語特有の
サウンドについて学ぶと同時に、自分が克服すべき(発音やイントネーション上の)課題を明確にします。そのうえで、オバマ大統領
の核軍縮に関する国連演説の一部を繰り返し聴き、また、自らも暗唱することにより、オバマ大統領特有のキレのある、ダイナミズム
に満ちたデリバリー(話し方)を体得していきます。

ビジネス英語プログラムの特徴

過去、米アメリカン・エキスプレス社にて延べ40カ国、2,000人以上を対象とするビジネス英語トレーニングを統括し、伊藤忠商事、伊藤忠インターナショナル、財団法人自治体国際化協会(CLAIR)、米国ソニー、米国住友商事等のビジネス英語プログラムを開発した実績を持つMs. Maria Coffeyによる「100%手作り」のプログラム
  • 電話応対、ミーティング、セールス、交渉、プレゼンテーション等、15のモジュールからなる Core Component
  • AとTheの使い方や仮定法等、日本人が特に苦手とする15の文法上の論点を解説する Grammar Component
  • オバマ大統領のスピーチを題材にした発音矯正のための Pronunciation Component の3つの柱からなるユニークな
      プログラム構成

  • 様々なアクティビティやエクササイズがふんだんに盛り込まれた、従来のレクチャー型のレッスンとは一線を画す、きわめてインタラクティブなプログラム
  • 厳選されたネイティヴ・スピーカーによるレッスン
  • TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)有資格者(日本人)によるサポート体制
  • さらに、プログラムの全編を通じ、日本と外国(特に欧米)の文化的な差異の理解に焦点を当てていることも、他のビジネス英語プログラムにはない特徴
資料請求・お問い合わせ