トップページ >> ビジネス英語プログラムの詳細

ビジネス英語プログラムの詳細

各レッスンの概略
「Lesson 2 以降は基本的に毎回クラスの始めに決まった2つのアクティビティがある。
■The Japan Times の記事に関する1分間のミニ・プレゼンテーション
------- ランダムに選ばれる数人が行う。
■Q&A:「先週のレッスン内容で覚えている事を1つ挙げよ」「何故それを覚えているのか」
------- 15のレッスンがそれぞれ別個のものではなく、互いに関連しあっていることを生徒が再認識するためのアクティビティ。
これも毎回ランダムに選ばれる数人が答える。
【Lesson 1】 Greetings, Introductions and Job Descriptions /
        挨拶、紹介、(自分の)仕事の内容を説明する

挨拶、自己紹介、および、それに続く会話では、丁寧さの度合いや話題・振る舞いの適切さなどにお国柄や文化的背景が大きく反映されることを認識し、シチュエーション毎に最適な実施方法を学ぶ。握手、お辞儀、名刺交換といった慣習に関する文化間における認識の違いをエクササイズやディスカッションを通して確認し、実場面を想定したロールプレイで正しい挨拶と紹介の仕方を身に付ける。自分の仕事の内容を紹介するさいは、あくまでも簡潔に、必要な情報のみに止めることを学ぶ。忙しいビジネスパーソンは知りたいこと( need-to-know information ) 以外の情報 ( nice-to-know information ) を必要としない― 生徒は初回からグローバルなビジネスマインドに触れる。


【Lesson 1】 Greetings, Introductions and Job Descriptions

At the end of Lesson 1, you will be able to:

  • speak one-on-one with your fellow students
  • understand the components and requirements of the program
  • identify some cultural similarities and differences in relation to Western and Japanese greetings and introductions
  • introduce people to each other in English
  • describe your company/organization and job in English.
レッスン1の目的
  • クラスメートを知る。
  • GBI Business English Programの構成とその流れを理解する。
  • 「挨拶」や「紹介」における、日本と欧米諸国の文化的な相違点ならびに類似点を正しく認識することができる。
  • 自分/人を紹介することができる。
  • 自身が所属する会社や部門、自身の職務内容等について、正確かつ簡潔に説明することができるようになる。
At the end of Lesson 1, you will be able to:
  • speak one-on-one with your fellow students
  • understand the components and requirements of the program
  • identify some cultural similarities and differences in relation to Western and Japanese greetings and introductions
  • introduce people to each other in English
  • describe your company/organization and job in English.
【Lesson 2】 Beginning, Continuing and Ending a Conversation / 会話の開始、発展、終了

会話はちょっとした質問やさりげないコメントから始まる。しかし内容を誤ってはとんでもないことに。このレッスンではグローバルな会話センスを養う。国際会議やパーティー等、さまざまなビジネス会合の席で初対面の人との会話のきっかけとしてふさわしいと思われる質問・コメントについてディスカッション。次に、パートナーと質問を最低5つ重ねて会話を発展させるロールプレイ。会話を終わらせる理由はひとつではない。相手や状況に応じて、丁寧さの度合いの異なる数種類の表現を学ぶ。会話を切り上げるのは決して易しくないだけに、洗練されたマナーはビジネスチャンスにも大きく影響する。

【Lesson 2】 Beginning, Continuing and Ending a Conversation

At the end of Lesson 2, you will be able to:

  • form questions and comments that are appropriate to use with Western business professionals during the first few minutes of a conversation
  • recognize some similarities and differences between what is acceptable in Japan and what is acceptable in the West when beginning a conversation
  • continue a conversation in English by asking/making a minimum
  • end a conversation in English modifying and using leave-taking formulas which are acceptable in Western business transactions.
レッスン2の目的
  • 適切な質問やコメントを投げかけることによって、英語圏のビジネスパーソンとの会話のきっかけをつくることができる。
  • 英語圏のビジネスパーソンと会話をスタートするさい避けるべき話題を認識することができる。
  • 適切なフォローアップ・クエスチョンやコメントを投げかけることによって、会話を継続させることができる。
  • 会話を切り上げるさい、状況に応じて適切なフレーズを使うことができる。
At the end of Lesson 2, you will be able to:
  • form questions and comments that are appropriate to use with Western business professionals during the first few minutes of a conversation
  • recognize some similarities and differences between what is acceptable in Japan and what is acceptable in the West when beginning a conversation
  • continue a conversation in English by asking/making a minimum
  • end a conversation in English modifying and using leave-taking formulas which are acceptable in Western business transactions.
【Lesson 3】 Telephone Issues and Solutions / 電話に関する問題と解決策

「英語での電話は難しい」のは、多くの場合、事前の準備不足に起因していることを認識し、その解決策を話し合う。様々な電話のシチュエーションでのモデル会話をロールプレー、人名や会社名などを相手に正確に伝えるためのスペル方法 ( “a” as in apple, etc. )も練習する。同時に、留守番電話のモデル応答メッセージの作り方や携帯電話のエチケットにも触れる。『電話』というこの上ないコミュニケーションツールを苦手にしない為のストラテジーをこのレッスンでは学ぶ。

【Lesson 3】 Telephone Issues and Solutions

At the end of Lesson 3, you will be able to:

  • differentiate between true telephone problems and ineffective business practices such as poor planning
  • solve common telephone problems by using practical solutions discussed in class
  • use the Alphabet Help Page as a resource when you need to spell a word in English
  • employ active phone strategies when you make and receive phone calls in English
  • recognize and use appropriate cell phone etiquette
  • compose an effective Voice Mail Message script in English
  • use effective English phrases in a variety of typical phone situations. 
レッスン3の目的
  • 英語で電話するさいに発生する問題にはどのようなものがあるか、 そして、それらの問題が何故発生するのか(e.g., 英語の問題というよりも、 単に準備が不足しているだけではないのか)を正しく見極めることができる。
  • 電話を掛ける/受けるさいに求められる態度/アクションを認識し、それらを実際の場面で実行することができる。
  • 電話で、単語(特に、人や会社等の固有名詞)のスペルを正確に伝えることが
    できる。
  • 適切なVoice Mail Messageを作成することができる。
  • (電話の)様々なシチュエーション毎に、適切なフレーズを使うことができる。
At the end of Lesson 3, you will be able to:
  • differentiate between true telephone problems and ineffective business practices such as poor planning
  • solve common telephone problems by using practical solutions discussed in class
  • use the Alphabet Help Page as a resource when you need to spell a word in English
  • employ active phone strategies when you make and receive phone calls in English
  • recognize and use appropriate cell phone etiquette
  • compose an effective Voice Mail Message script in English
  • use effective English phrases in a variety of typical phone situations. 
【Lesson 4】 Time, Dates, Making and Breaking Appointments / 時間と月日、予約とキャンセル

時間や月日を表わす英語のフレーズや表現を適切に使いこなし、ビジネスシーンでは日常茶飯事である面会や会議などの設定とキャンセルが正しい表現で、正確にできるようにする。多くの場合、電話がその手段となることから、このレッスンはLesson 3 の内容と密接に関連する。まず基本となる、日時や時刻を正確に伝えるフレーズを実際にカレンダーや時計を使って学習。次に受講生は与えられたシチュエーションの中で、①面会のアポ取り、②不慮の事態が発生することによって余儀なくされるキャンセル、を電話で行うという設定で『スクリプト(台本)』を作成する。

【Lesson 4】 Time, Dates, Making and Breaking Appointments

At the end of Lesson 4, you will be able to:

  • use some common English phrases for telling time in English
  • use a variety of correct English expressions when talking about calendar dates
  • write a script for making an appointment in English
  • write a script for breaking an appointment in English.
レッスン4の目的
  • 「時間」を英語で正確に表現できるようになる。
  • 「日付」を英語で正確に表現できるようになる。
  • アポイントメントを取るさいのスクリプト(台本)を作成することができる。
  • アポイントメントをキャンセルするさいのスクリプト(台本)を作成することができる。
At the end of Lesson 4, you will be able to:
  • use some common English phrases for telling time in English
  • use a variety of correct English expressions when talking about calendar dates
  • write a script for making an appointment in English
  • write a script for breaking an appointment in English.
【Lesson 5】 Relationship Building and the “Art of Chatting” /
        人間関係の構築と「おしゃべり」の効用

あらゆるビジネスシーンにおいて人間関係はきわめて重要な要素である。ここでは、ビジネスの相手との人間関係を冷静に、的確に見極め、見誤らないためには相手の文化的バックグラウンドへの認識が不可欠であることを、実話に基づいたケーススタディーの考察を通して学ぶ。人間関係構築に対する意識が文化によって異なる一方で、所謂「おしゃべり」は全世界共通のコミュニケーションツールとなりうる点に着目、有効な“おしゃべり”のテクニックを “peer teaching” を通して学習する。
真のおしゃべり上手はビジネス上手である。

【Lesson 5】 Relationship Building and the “Art of Chatting”

At the end of Lesson 5, you will be able to:

  • more effectively analyze global business situations by thinking critically about the appropriateness and degree of relationship building needed
  • better evaluate interactions with business professionals by considering different, global business traditions and various cultural behaviors and attitudes
  • use proven communication techniques in common business situations by applying methods defined in Topics and Communication Techniques.
  • modify and use appropriate English “chatting” models in global business situations.
レッスン5の目的
  • 「ビジネス上の人間関係」の適切さおよび深度を厳しく検証することにより、様々なビジネス・シチュエーションをより効果的に分析することができるようになる。
  • 英語圏のビジネスパーソンとの人間関係を、それぞれの文化的背景を反映した考え方、振る舞い、慣習等の違いを考慮したうえで、正確に見極めることができるようになる。
  • 資料"Topics and Communication Techniques"にあるコミュニケーション・
    テクニックをビジネスシーンで実際に使うことができる。
  • ビジネスシーンにおいて、「おしゃべり」を効果的に使うことができる。
At the end of Lesson 5, you will be able to:
  • more effectively analyze global business situations by thinking critically about the appropriateness and degree of relationship building needed
  • better evaluate interactions with business professionals by considering different, global business traditions and various cultural behaviors and attitudes
  • use proven communication techniques in common business situations by applying methods defined in Topics and Communication Techniques.
  • modify and use appropriate English “chatting” models in global business situations.
【Lesson 6】 Active Listening and Conducting Interviews / 積極的傾聴とインタビューの実施

Listeningはとかく受身のスキルと思われがちだが、hearing(聞く)と異なり、listening(聴く)は本来スピーキング同様能動的(アクティブ)なスキルである。そのlisteningを更にアクティブにするためのストラテジーを、会議やプレゼンテーションなどのグループミーティング、1対1のミーティング、電話、のシチュエーションごとに学ぶ。 Active Listening−積極的傾聴は良いインタビュアーに不可欠なスキルであることから、レッスンはインタビュープランの立て方へと発展する。

【Lesson 6】 Active Listening and Conducting Interviews

At the end of Lesson 6, you will be able to:

  • describe several of the ten useful active listening strategies for group, face-to-face and phone situations conducted in English
  • apply these active listening strategies to eight typical business listening situations
  • create a personalized plan for a typical business interview situation in English, using the information provided in the Strategies for Interviewing document
  • discuss your plan and offer your opinion on others plans based on the Strategies for Interviewing document.
レッスン6 の目的
  • 「グループ」、「1対1」、「電話」の各シチュエーションで役立つ(10項目の)積極的傾聴に関するストラテジーを理解し、説明することができる。
  • それら積極的傾聴に関するストラテジーを、(8つの)典型的なビジネス・シチュエーションに適用することができる。
  • 資料"Strategies for Interviewing"を参考に、英語でのインタヴュープランを作成することができる。
  • 他の受講生のインタヴュープランを評価し、意見を述べることができる。
At the end of Lesson 6, you will be able to:
  • describe several of the ten useful active listening strategies for group, face-to-face and phone situations conducted in English
  • apply these active listening strategies to eight typical business listening situations
  • create a personalized plan for a typical business interview situation in English, using the information provided in the Strategies for Interviewing document
  • discuss your plan and offer your opinion on others plans based on the Strategies for Interviewing document.
【Lesson 7】 Assertive Communication / 自己を主張する
西洋文化を強く反映するグローバルビジネスの世界では、「自己をしっかり主張すること」はビジネス成功の必須要素と言っても過言ではない。意見の無さは無関心やインテリジェンスの無さと解釈されることがあるからである。将来そういった事態を招かない為に、時事問題をテーマにしたディスカッションの中で、主張・反論する時のモデルフレーズや表現を使って、自分の考えをはっきり伝える練習をする。また、一般的にディスカッションにおいては、参加者は、「ファシリテーター」を始めとする何らかの役割を担うことが多いことから、受講生一人一人が事前に与えられた「役」に徹してのディスカッションも経験する。また、グローバルに活躍するビジネスパーソンになるためには、ファシリテーションのスキルが必須であるため、優れたファシリテーターになるための要件についても理解を深める。
【Lesson 7】 Assertive Communication

At the end of Lesson 7, you will be able to:

  • identify at least five reasons why giving opinions in the Western business culture is perceived differently from giving opinions in the Japanese business culture
  • participate in a discussion of a current, controversial topic using Western-style English opinion phrases
  • incorporate tips and techniques for participating effectively in English discussions, into a class discussion
  • assume one or more of seven discussion roles when you participate in a discussion conducted in English
  • access a list of over 20 effective facilitator traits (competencies, attitudes and behaviors) from the Effective Facilitator document.
レッスン7の目的
  • 「自分の意見をハッキリと述べる」ことに対する認識が日本と欧米で異なる主な理由を5つ挙げることができる。
  • "Opinion phrases"を有効に活用することによって、英語でのディスカッションに参加することができる。
  • 英語でのディスカッションに積極的に参加するための"Tips and Techniques"を学び、それらをクラスディスカッションで活かすことができる。
  • ディスカッションにおいて、1つ、もしくはそれ以上の役(e.g., facilitator、summarizer、clarifier)を演じることができる。
  • ファシリテーターに求められる資質を理解する。
At the end of Lesson 7, you will be able to:
  • identify at least five reasons why giving opinions in the Western business culture is perceived differently from giving opinions in the Japanese business culture
  • participate in a discussion of a current, controversial topic using Western-style English opinion phrases
  • incorporate tips and techniques for participating effectively in English discussions, into a class discussion
  • assume one or more of seven discussion roles when you participate in a discussion conducted in English
  • access a list of over 20 effective facilitator traits (competencies, attitudes and behaviors) from the Effective Facilitator document.
【Lesson 8】 Meetings /ミーティング

日本企業の社内ミーティングと西洋のそれとを比べて相違点を知り、英語でのビジネスミーティングにアクティブに参加するためにできる有効な事前準備について考える。受講生は、少人数グループで、将来自分達が参加する可能性があると思う架空のビジネスミーティングを設定し、ディスカッションの中で具体的な準備事項を決定していく。準備をすることで英語でのビジネスミーティングに積極的に参加することができ、より多くの成果を得ることが可能になることを学ぶ。

【Lesson 8】 Meetings

At the end of Lesson 8, you will be able to:

  • identify at least six characteristics of a typical internal Japanese meeting
  • compare and contrast the characteristics of a typical internal Japanese meeting with the characteristics of a typical internal Western-style meeting
  • use practical suggestions from the lesson to prepare for and participate actively in meetings conducted in Business English
  • recognize key words, phrases and idioms used during meetings conducted in English and understand their meanings.
レッスン8の目的
  • 日本企業における社内会議の典型的な特徴を知る。
  • 日本企業における社内会議と欧米における社内会議の違いを知る。
  • (Lesson 8でdiscussされる)様々な提案を、会議の準備を行う際、あるいは会議に参加する際、実際に活用することができる。
  • 英語での会議においてキーとなる用語、フレーズ、慣用句等を正確に聞き取り、理解することができる。
At the end of Lesson 8, you will be able to:
  • identify at least six characteristics of a typical internal Japanese meeting
  • compare and contrast the characteristics of a typical internal Japanese meeting with the characteristics of a typical internal Western-style meeting
  • use practical suggestions from the lesson to prepare for and participate actively in meetings conducted in Business English
  • recognize key words, phrases and idioms used during meetings conducted in English and understand their meanings.
【Lesson 9】 Sales and Negotiation / セールスと交渉

セールスに関する単語/フレーズを学ぶと同時に、セールス活動プロセスにおける8つの観点で日本と西洋を比較しその違いについてディスカッションする。更に、日本、西洋以外の文化圏のビジネスパーソンのセールス行動、態度、習慣について考察する。ステレオタイプ(固定観念)のマイナス点はきちんと理解しながら、同時にビジネスパートナーの文化的バックグラウンドから生じる「傾向」を知ることはセールスのプロセスをよりスムーズかつ効率的にするために不可欠である事を認識し、実際の場面でそれを実現することのできる文化的インテリジェンスを身に付ける。

【Lesson 9】 Sales and Negotiation

At the end of Lesson 9, you will be able to:

  • name several or all of the eight buyer/seller interactions discussed in the lesson and identify differences in the way these interactions are handled in Western and Japanese sales transactions
  • define several or all of twelve common English sales-related words/phrases
  • identify probable cultural behaviors of negotiators in seven different global negotiation situations
  • recognize the problems with stereotyping and the value of using cultural intelligence when negotiating.
レッスン9の目的
  • 売り手と買い手の関係に関して、日本と欧米でどのような違いがあるのかを知る。
  • 12のよく用いられるセールス用語/フレーズを理解し活用することができる。
  • 我が国と異なる文化を持つ国や地域において交渉を行う際、先方が(おそらく)
    取るであろう態度・行動を予測することができる。
  • 一元的にモノを見ることの危険性を理解するとともに、交渉の場において「文化的インテリジェンス(Cultural Intelligence)」を発揮することの重要性を認識する。
At the end of Lesson 9, you will be able to:
  • name several or all of the eight buyer/seller interactions discussed in the lesson and identify differences in the way these interactions are handled in Western and Japanese sales transactions
  • define several or all of twelve common English sales-related words/phrases
  • identify probable cultural behaviors of negotiators in seven different global negotiation situations
  • recognize the problems with stereotyping and the value of using cultural intelligence when negotiating.
【Lesson 10】 Preparing to Give a Presentation / プレゼンテーションの準備をする

本レッスンより3回に亘りプレゼンテーションの準備、実施、評価について学ぶ。このレッスンの冒頭までにすべての生徒がThe Japan Timesの記事に関する1分間のミニ・プレゼンテーションを経験しているが、ここではより長い、本格的なプレゼンテーションをプランし、実施する。各自、テーマ、対象オーディエンスを設定し、周到なstep-by-step インストラクションに従って、実際にプレゼンテーションを組み立てる。オーディエンスとしての正しい評価の与え方(feedback)についても学ぶ。クラスを2グループに分け、第1グループは次回、第2グループは次々回にプレゼンテーションを実施。

【Lesson 10】 Preparing to Give a Presentation

At the end of Lesson 10, you will be able to:

  • understand how to give a five-minute presentation that meets the expectations of a Western audience by walking through each of the steps in a related document, in detail
  • begin to prepare your five-minute presentation by identifying your presentation topic and writing answers to questions asked throughout the document
  • understand the value of feedback and how to complete a Feedback document for each of the presenters in your class
  • effectively use the Presenter's Checklist before giving a presentation to a Western audience.
レッスン10の目的
  • 欧米のオーディエンスの期待に沿うプレゼンテーションの組み立て方を、資料"How to Prepare for and Give a Presentation"のstep-by-stepインストラクションに沿って理解する。
  • テーマを決め、実際に5分間のプレゼンテーションの作成に着手することができる。
  • フィードバックの意義や、クラスメートの成長に資することができるようなフィードバックの仕方を理解する。
  • 欧米人向けのプレゼンを行うに先立ち、資料"Presenter's Checklist"を有効に活用することができる。
At the end of Lesson 10, you will be able to:
  • understand how to give a five-minute presentation that meets the expectations of a Western audience by walking through each of the steps in a related document, in detail
  • begin to prepare your five-minute presentation by identifying your presentation topic and writing answers to questions asked throughout the document
  • understand the value of feedback and how to complete a Feedback document for each of the presenters in your class
  • effectively use the Presenter's Checklist before giving a presentation to a Western audience.
【Lesson 11】 Giving a Presentation / プレゼンテーションをする
第1グループのプレゼンテーション。プレゼンター以外の受講生は、全員、プレゼンターの設定したオーディエンス役を担い、プレゼンテーション終了後、その内容について批評、feedback。その際は、批判(criticize)と批評(critique)の違いを意識し、プレゼンテーションの内容を改善する為の有益でかつ具体的なfeedbackを心がける。
【Lesson 11】 Giving a Presentation

At the end of Lesson 11, you will be able to:

  • give a five-minute presentation that incorporates characteristics of a presentation designed to meet the expectations of a Western audience (if you are in the first group of presenters)
  • understand the experiences of being an active participant and an engaged audience
  • add value to the critiques of the presentations by using the Feedback pages effectively.
レッスン11の目的
  • 欧米のオーディエンスの期待に沿うようにデザインされた5分間のプレゼンテーションを実施することができる。
  • オーディエンスとして、積極的・能動的にプレゼンテーションに臨むことができる。
  • フィードバックシートを活用することにより、プレゼンターに対し、より価値のあるフィードバックを行うことができる。
At the end of Lesson 11, you will be able to:
  • give a five-minute presentation that incorporates characteristics of a presentation designed to meet the expectations of a Western audience (if you are in the first group of presenters)
  • understand the experiences of being an active participant and an engaged audience
  • add value to the critiques of the presentations by using the Feedback pages effectively.
【Lesson 12】 Giving a Presentation (continued) and Writing E-Mails /
         プレゼンテーション(続き)、E-mail を書く

引き続きプレゼンテーションとfeedback。全プレゼンテーション終了後、改めて総合評価を行い、この経験を将来実際の場面で活かせるようにする。続いてのテーマはE-mail。間違い探しのエクササイズを通してビジネスE-mailのルール、エチケットを学ぶ。また、実際にビジネスE-mail文書を作成し(あるいは過去に書いたものを校正し)ペアでお互いの文書を校正し合うことによってさらに理解を深める。インストラクターが最終的に全文書をチェック、feedbackする。

【Lesson 12】 Giving a Presentation (continued) and Writing E-Mails

At the end of Lesson 12, you will be able to:

  • give a five-minute presentation that incorporates characteristics of a presentation designed to meet the expectations of a Western audience (if you are in the second group of presenters)
  • understand the experiences of being an active participant and an engaged audience
  • add value to the critiques of the presentations by using the Feedback pages effectively.
  • name a minimum of three things that worked well during the presentations and recognize that these can be incorporated in your future presentations
  • identify errors in a poorly-written e-mail and explain why they are errors
  • access an example of a well-written e-mail which you can use as a model.
レッスン12の目的
  • 欧米のオーディエンスの期待に沿うようにデザインされた5分間のプレゼンテーションを実施することができる。
  • オーディエンスとして、積極的・能動的にプレゼンテーションに臨むことができる。
  • フィードバックシートを活用することにより、プレゼンターに対し、より価値のあるフィードバックを行うことができる。
  • 良いプレゼンテーションを実施するために役立ったことを少なくとも3つ挙げることができる。また、それらを今後の経験に活かすことができる。
  • モデルE-Mailを有効に活用することができる。
At the end of Lesson 12, you will be able to:
  • give a five-minute presentation that incorporates characteristics of a presentation designed to meet the expectations of a Western audience (if you are in the second group of presenters)
  • understand the experiences of being an active participant and an engaged audience
  • add value to the critiques of the presentations by using the Feedback pages effectively.
  • name a minimum of three things that worked well during the presentations and recognize that these can be incorporated in your future presentations
  • identify errors in a poorly-written e-mail and explain why they are errors
  • access an example of a well-written e-mail which you can use as a model.
【Lesson 13】 Business Letters and Report Writing / ビジネスレター、レポートを書く

テクノロジーの進化、スピード重視といった理由から「手紙」はすっかり影が薄くなった。しかしE-mailでのやり取りを至便とする一方で、礼・お悔やみを伝える、何かを依頼するなど、「手紙」がより適切とされる場面がいまだに少なくないことから、正式なビジネスレターの書き方を学ぶ。block-style のビジネスレターのモデルを参照しながらその構成、特徴を学び、将来実際の場面で応用出来るようにする。レポートは、最も一般的で書く機会も多いとされるエグゼクティヴ・サマリーについて、これもモデルライティングを参照しながら学んでいく。

【Lesson 13】 Business Letters and Report Writing

At the end of Lesson 13, you will be able to:

  • correct e-mails and discuss the reasons for the corrections
  • identify the characteristics of a typical business letter written in English
  • access an example of a block-style business letter written in English, which you can modify and use as a model after the program
  • state several of the characteristics of a typical Executive Summary Report written in English
  • access an example of an Executive Summary Report written in English which you can modify and use as a model after the program.
レッスン13の目的
  • E-Mailの誤りを訂正し、その理由を説明することができる。
  • 英文ビジネスレターの典型的な特徴を理解する。
  • ブロックスタイルの英文ビジネスレターのサンプルを読み、それを(必要に応じ修正したうえで)モデルとして活用することができる。
  • 英文エグゼクティヴ・サマリーの典型的な特徴を知る。
  • 英文エグゼクティヴ・サマリーのサンプルを読み、それを(必要に応じ修正したうえで)モデルとして活用することができる。
At the end of Lesson 13, you will be able to:
  • correct e-mails and discuss the reasons for the corrections
  • identify the characteristics of a typical business letter written in English
  • access an example of a block-style business letter written in English, which you can modify and use as a model after the program
  • state several of the characteristics of a typical Executive Summary Report written in English
  • access an example of an Executive Summary Report written in English which you can modify and use as a model after the program.
【Lesson 14】 Reading Strategies / 文書の読み方

ビジネスの世界に関れば関るほど文書を読む機会は増える。そんな時に応用できる効率的なreading のためのストラテジーを学び、reading を仕事ではなく習慣ととらえることができるようにする。インターネットの普及により、「読む」形態は一つでは無くなったが、ここでは最も基本的な「印刷された」文書のreading について学ぶ。何について読むのか、詳細が必要か、おおまかな内容のみでよいのかなどあらかじめ読む目的をはっきりさせるなどの準備をすることの大切さを認識し、reading の効率を上げるための具体的な方策を知り、実際の記事を読む際にそれらを応用する。skimming (大意を読み取る) のテクニックも学ぶ。

【Lesson 14】 Reading Strategies

At the end of Lesson 14, you will be able to:

  • apply reading strategies from Reading Business Materials Written in English to a business-related print document written in English
  • describe the content of an article you chose, to a small group
  • explain which reading strategies you used when reading your selected article and why you used them
  • assist in preparing (or giving) a presentation given to an assembled class
  • engage in an interactive discussion about reading experiences.
レッスン14の目的
  • 資料"Reading Business Materials Written in English"で紹介されているリーディング・ストラテジーを、実際にビジネス文書を読む際適用することができる。
  • (自分が題材として選択した)記事の内容をグループのメンバーに説明することができる。
  • 当該記事を読む際使ったリーディング・ストラテジーおよびその理由を説明することができる。
  • リーディング・ストラテジーに関するグループ・プレゼンテーションの準備・実施に貢献できる。
  • リーディングに関するディスカッションに積極的に参加することができる。
At the end of Lesson 14, you will be able to:
  • apply reading strategies from Reading Business Materials Written in English to a business-related print document written in English
  • describe the content of an article you chose, to a small group
  • explain which reading strategies you used when reading your selected article and why you used them
  • assist in preparing (or giving) a presentation given to an assembled class
  • engage in an interactive discussion about reading experiences.
【Lesson 15】 Restaurant and Other Etiquette Issues / レストラン、その他のエチケットに関する事

これまでのレッスンでも西洋の慣習やマナーについて多くディスカスしてきたが、この最後のレッスンでは総まとめとして、ビジネスシーンに限らない西洋の一般的な習慣、特にタブーについて学ぶ。具体的な場面としてレストランを設定しメニューの読み方やオーダーの仕方、その際のエチケット等の確認を行う。
生徒によるプログラム全体とインストラクターに対する評価をもって本プログラムは終了となる。

【Lesson 15】 Restaurant and Other Etiquette Issues

At the end of Lesson 15, you will be able to:

  • understand some basic Western-style etiquette, rules and typical social customs
  • describe several taboos in most Western cultures and a few surprising actions that are not taboo
  • participate in a typical Western-style restaurant experience, speaking only English
  • access business-related idioms from Business Idioms-in-Context, a summary of the idioms discussed at the conclusion of each lesson
  • provide GBI with a thoughtful evaluation based on your learning experiences throughout the program
レッスン15の目的
  • 欧米社会における基本的なエチケット、ルール、慣習を理解する。
  • ほとんどの欧米諸国においてタブーとされている事柄および(意外にも)タブーとは見なされないいくつかの事柄を理解する。
  • レストランでのやり取りを、英語で適切に行うことができる。
  • イディオム集"Business Idioms-in-Context"の慣用句を活用することができる。
  • 本ビジネス英語プログラムで得た経験に基づき、GBIに対し有益なフィードバックを行うことができる。
At the end of Lesson 15, you will be able to:
  • understand some basic Western-style etiquette, rules and typical social customs
  • describe several taboos in most Western cultures and a few surprising actions that are not taboo
  • participate in a typical Western-style restaurant experience, speaking only English
  • access business-related idioms from Business Idioms-in-Context, a summary of the idioms discussed at the conclusion of each lesson
  • provide GBI with a thoughtful evaluation based on your learning experiences throughout the program

Impact Grammar

1. Present Continuous vs. Simple Present Tenses / 現在進行形 vs. 単純現在形
2. Countable vs. Uncountable Nouns / 可算名詞 vs. 不可算名詞
3. Determiners with Nouns / 限定詞+名詞
(冠詞-a, the、所有代名詞-my, your, his etc.、指示形容詞-this, that etc.、数量詞-some, many, each etc.のように、通常の形容詞
以外で名詞の前に付き限定するものを総称して限定詞と呼ぶ。)
4. Prepositions in Expressions of Time / 時を表わす前置詞
5. Prepositions of Location and Direction / 場所、方向を表わす前置詞
6. Present Perfect for Indefinite Past / 不特定過去の出来事を表わす現在完了
7. Present Perfect with For and Since / 期間(for)と継続 (since) を表わす現在完了
8. Simple Past and Past Continuous / 単純過去形 vs. 過去進行形
9. Unique Reference With and Without The / The が付く/付かない「唯一のモノ」
10. The Indefinite Article A / 不定冠詞A
11. The Definite Article The / 定冠詞The
12. Simple Present Tense for Future Time / 未来を表わす単純現在形
13. Possible vs. Hypothetical Conditionals / 現在、未来の事実に即した vs. 事実に反した条件文
14. Hypothetical vs. Unreal Conditionals / 現在、未来の 事実に反した条件文 vs. 過去の事実に反した条件文
15. Embedded Questions / 間接疑問文
資料請求・お問い合わせ